激浅セッション

昨日は沖縄でもベストウェーブの一つと言われるポイントでやりました。
数日前から狙ってはいましたが、昨日は長潮で潮が満潮でもとても少なく怪我はしたくないので出来たら他の良いポイントでやりたいと考えていました…
朝に波情報を見る限り、西面のメインポイントの砂辺は予想していたよりも上がりきっておらず、狙っていたもう一つのポイントは出来ないだろうと思い、このポイントに向かうことにしました。ウチからはまあまあ遠くて1時間半近くドライブした場所にあります。

到着すると数人がすでに着替えていて、ピークにも5,6人入っているのを確認し、ゆっくりとストレッチ、準備をして潮が満ちてくるのを待ちながらスタンバイしました。予報では、風は完全にオフにまわるはずでしたが少し風の入っているサイズは肩〜頭オーバー…ここのポイントは風が合うとほぼ全ての波がバレルになり、テイクオフからそのままチューブに入れる波や、ボトムに降りてから合わせてチューブを狙える波などライトハンドの素晴らしい波質で日本の他の地域ではなかなか味わえない沖縄特有のチュービーな波質です。その反面、いつもボトムは浅く特にインサイドはもの凄い浅さでむやみに技を入れたり無理にチューブを狙うとワイプアウトしたら確実に怪我をするポイントです。自分も去年にインサイドで腰を打ち今でもケツに傷が残っています。
今日は少し風が入っているため全てがバレルになるわけではなくコンディション的にはまあまあといったところ…いつもの様に浅めにでもかぶれたらいいかなと言った程度で怪我をしないように波選びを注意しようと思いながらピークに向かいました。
潮が少なかったのでインサイドの波が垂直以上になってしまい、ボトムに降りるかトップを走るかしか出来ないクレイジーなコンディションでした…

数本ピークよりややショルダー気味からテイクオフして波の感触を見て、徐々にピーク、またビハインドを狙っていきました。そして入ってまだ20分くらいしか経っていない時にセットが入りややビハインドからテイクオフできる波が来ました。波を垂直にテイクオフしてそのままテールをボトムでスライドさせて転ぶかなと思ったのですが、なんとか持ち堪えそのまま頭サイズのチューブの中へ…大きいチューブの中を走り抜けインサイドまで3秒近く走った所でチューブの出口に人が…
そのままワイプアウトしないと轢いてしまうので仕方なくこけましたが、確実にメイク出来ていた最高の波でした。昨日のこの波が沖縄で乗った波の中で一番印象深く、この2年でのベストウェーブだったと思います。他のポイントでも2カ月くらい前にももう少し大きめの波でメイク出来たチューブの波はありましたが、チューブ滞在時間、サイズは昨日の波が最高でした…

その後、リズムよくリップが決まったりといい波に乗り1時間が過ぎたあたりでプロサーファーの方達が数人入ってきて、ローカルのとても上手な方も数人いるハイレベルセッションになりました。こうなってくるとなかなかセットは乗りづらいためミドルサイズのみ狙って乗っていましたが、やはりここで感じたのが森哲太プロのサーフィンの格の違いでした。セットの波のテイクオフからまったく力が入っておらず、よく波を見れていてバレルになるセクションは必ず決めてきます。あの野生的で、ナーリーなコンディションで一際目立つスタイルを持つ彼のサーフィンスタイルを心からリスペクトしています…お知り合いではないですが、たまに海で見かけて挨拶すると愛想が良くて気さくに話しかけてきてくれます。本当に格好良いサーファーで昔から好きなサーファーではありましたが、近くで見てますますファンになりました。

昨日のようなコンディションではいつもなかなかコレだと言う一本は決められなかったのですが、今回、あのテイクオフが決まったのはかなり良い印象を受けました。あとやはり足りないのはこの様なコンディションでの圧倒的な経験値の差だと思いました。メンタワイや日本の河口、オフザウォールの様な波質で頭くらいの小さいサイズからでもたくさん経験して行く事でよりメイクに近づけるのではないかと思いました。
最近、1カ月は波乗りしかしておらず自分のコンディションは最高ですが、今後もこのコンディションに近い状態をキープして行けたら良いですが…
沖縄でのベストライドをメイク出来て気持ち良かったです✨
e0199297_11430029.jpg

e0199297_11430010.jpg




[PR]
by masaiandifamily | 2017-03-23 10:54 | Comments(0)
<< 昨日、今日… Keep on surfing... >>